フィンペシア AGA治療薬

ノコギリヤシとフィンペシアを比較して、どっちが薄毛に良い?

更新日:

薄毛について詳しくなってくると良く耳にするのが、

 

・ノコギリヤシ

・フィンペシア

 

です。

 

ノコギリヤシは天然成分でフィンペシアは薬なので大きな違いはありますが、その働きは似ていて、同じ目的で使われることが多いです。

 

では、いったい

 

どういった違いがあるのか?

それぞれのメリットデメリットは?

どっちが良いか?

 

について詳しく書いています。

ノコギリヤシとフィンペシアの働きは?

ノコギリヤシは前立腺肥大の治療薬として活用されていましたが、後に薄毛対策によいことが発覚しました。中高年男性の悩みである薄毛・頻尿などをサポートしてくれますし、副作用がないのもメリットです。

 

過剰な男性ホルモンの分泌を抑えてくれるので、男性型脱毛症のAGA対策に最適です。AGAの特徴は生え際・てっぺんが薄くなることですが、これは男性ホルモンが過剰に分泌されることが関係しています。それ以外の部位は薄くなりにくく、女性の頭皮に近い状態と言えるでしょう。育毛によい成分にはチアミンもあり、これはビタミンB1のことです。水溶性ビタミンなので過剰に摂取しても安心で、サプリを利用した育毛ではノコギリヤシとよく併用されます。

 

フィンペシアはフィナステリドを有効成分とする薄毛の治療薬で、プロペシアのジェネリック医薬品です。インドで製造されており、プロペシアと比較して5分の1未満の価格に抑えられています。内容成分には違いがないため、先発薬とほぼ同様の効果が期待できます。5αリダクターゼの作用をなくし、男性ホルモンが薄毛に与える影響を軽減させる薬です。

 

なので言ってしまえば、どちらも薄毛の原因をカットしてくれる働きがあるということです。

ノコギリヤシとフィンペシのそれぞれのメリットデメリットや違い!

ノコギリヤシは中高年の男性のためのサプリとして有名で、排尿障害のトラブルにもよく活用されています。薄毛によいとわかったのは近年で、よく育毛剤と併用されています。

 

ノコギリヤシのメリットは副作用がないことで、長期連用をして薄毛の予防対策ができるのです。今も昔も最大の薄毛対策は、今ある髪を守ることにあります。

 

ノコギリヤシのデメリットは実感するまでに時間がかかることですが、これはサプリという性質から仕方のないことです。

 

フィンペシアのメリットはノコギリヤシと比べて効果が高いことです。ノコギリヤシを飲んで実感できない男性でも、フィンペシアを飲んだら薄毛が止まったというケースが多く見られます。

 

デメリットは副作用があること、医師の処方薬であることでしょう。薬局で気軽に入手できる薬ではなく、服用可能かどうかは医療機関で検査を受けて判断するしかありません。フィンペシアの服用が可能と判断された場合は、発毛剤と併用する治療になるのが一般的です。

 

結局どっちが薄毛に良いの?

薄毛の症状にもよりますが、効果に着目するならフィンペシアがおすすめです。副作用があるということは、逆に言えば効果もあることを意味します。

 

フィンペシアは医師の処方薬だからリスクありと考える方が多いですが、ほとんどの方はまったく問題なく服用しています。6ヶ月以上の服用が好ましく、ミノキシジル配合の発毛剤と併用されるのが普通です。フィンペシアは男性ホルモンを抑制し、ミノキシジルは血管を拡張することで育毛を促進します。

 

ノコギリヤシをおすすめしたい方は、医療機関で治療を受けることに抵抗がある方です。それほど重症化していなければ、サプリメントでも対処できるでしょう。ノコギリヤシもフィンペシアと同様に6ヶ月以上の利用が好ましいため、コツコツと飲み続けるようにしてください。サプリは一般的に3ヶ月以上の利用が推奨されていますが、薄毛の場合は6ヶ月以上になります。ヘアサイクルを変えるには時間がかかるので、気長に飲み続けるのがコツです。

 

本気で薄毛を治したいなら○○と併用しよう

フィンペシアは医療機関で処方を受ける薬になりますが、もう一つの有名なaga治療薬のミノキシジルは薬局で販売されています。(外用、塗るタイプのものだけ)もし本気で治そうと思うなら、フィンペシアとミノキシジルの併用をおすすめします。

 

フィンペシアやノコギリヤシは守りの育毛で、男性ホルモンを抑制して髪が薄くならないようにします。男性ホルモンの分泌が増えることでヘアサイクルが乱れて、髪が細く痩せてきます。抜け毛を見たときに細いものが多いと感じたら、AGAが始まっている可能性があるでしょう。

 

ミノキシジルは攻めの育毛で、血管を拡張して毛母細胞に活力を与えるために役立ちます。どんなに髪によい栄養を摂取していても、毛根に栄養が届かないことには意味がありません。髪は毛根から生えてくるので、毛根に栄養をスムーズに送るために血行を促進していく必要があります。含有率は1%の商品が主流でしたが、現在は5%の商品が登場しています。これ以上の濃度を望むなら、医療機関で処方を受けることになるでしょう。

-フィンペシア, AGA治療薬

Copyright© プロフェッショナル 若ハゲの流儀「AGA治療のその先に」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.