若ハゲ・AGAの基礎知識

AGA治療にかかる費用や期間はどれくらい?

投稿日:

aga治療を始めたいけど

「どれくらい費用がかかるか?」

「どれくらいの期間がかかるか?」

これがわかっていないと不安ですよね。

 

ただどの病院で治療を受けるかにもよりますが、結論から言えば想像以上に安いです。

 

僕が通ってる湘南美容クリニック(ルネッサンスクリニック)だと、フィナステリドとミノキシジル両方を併用した本格的な治療でも月額2万円がかかりません。

 

もっとかかるイメージだった人も多いのではないですか??

 

とはいってもこれだけだと良くわからないと思うので、ここからより詳しく書いているのでお読み下さい。

AGA治療の費用は?

AGA治療は利用する医療機関や治療内容によって異なっていますが、どの治療でも基本的に健康保険は適用されないので全額自己負担です。

 

一般的に行われている内服薬のプロペシアは1か月分で7000円、ジェネリックであれば少し安くなって6000円になります。体質でこれらの薬の効果が弱い場合にはより強力なザガーロが処方されますが、こちらは8000円が目安です。診察の費用も掛かるため、実際に支払う金額は医療機関で多少の違いがあります。

*湘南美容クリニック(ルネッサンスクリニック)であればプロペシアの主成分であるフィナステリドが入った薬が3,000円で購入できます。

 

外用薬である育毛剤を使う場合、市販されているものはリアップを使うことができ、1か月分で7000円程です。医療機関でも処方してもらえますが、この場合は独自の配合であるオリジナルになるため費用は高くなり、15000円以上するものが多いです。

 

発毛や育毛に必要な成分を注射する場合には医療機関で内容に違いがあるため、2万~8万円程度と幅があります。成長因子を注入するものでは1回で15万円ほどかかるので高額です。

AGA治療で効果が出るまでの期間は?

AGA治療で効果が出るまでの期間は個人差がありますが、服用を始めてから即座に分かるものではありません。2週間ほど経過してから初期脱毛と呼ばれる、古い毛が押し出されて抜け毛が増える症状が現れ始めますが、効果が出ている証拠なのでそのまま使い続けます。1か月、長くても2か月程度で治まるもので、3か月目以降にAGAの改善が感じられるようになりますが、長い人では1年以上必要になる場合もあります。

 

時間がかかる要因は毛周期であり、正常な場合でも入れ替わりの周期は3、4か月程度です。治療を始めて毛周期が正常化し、AGAの影響を受けている毛が抜け落ちて新しい毛が生えてくるまでに時間が必要であり、即効性はありません。

 

プロペシアを使用する場合、体質で効果が弱くなることもあるので注意が必要です。遺伝子検査で調べることができ、適していないときはより強力なザガーロに切り替えてもらえるので、あまり改善が感じられないときは相談してみた方が良いでしょう。

より積極的なaga治療をする場合は、フィナステリド(プロペシア)だけでなくミノキシジルを併用する人がほとんどです。

自分で薬を買えるが危険

AGAの治療を行っている人で利用することが多いものに個人輸入代行業者を利用した海外の薬の購入があります。先発医薬品や正規のジェネリックではなく、インドのコピー薬などを利用できるので費用を大幅に安くできることがメリットです。また、本来は高血圧の治療に使用されるミノキシジルタブレットをAGAの治療に利用することもできます。

 

ただし、この方法で購入するのは危険性もあるので理解して利用しなければなりません。取り扱われている薬の多くが国内では安全性の承認されていない薬であり、正規ルートでの購入でもないため、自己責任になります。

 

使用して副作用が出た場合でも、公的な救済制度が受けられないことが厚生労働省から注意喚起されていることが問題です。そもそも送られてくる薬が本物ではない場合もあります。

 

個人輸入代行業者から送られてくる薬の成分を調査した結果、半数近くが偽物であったデータもあるため、安さだけで選ぶのは危険です。

aga治療は継続が大事!

AGA治療は効果が出る人でも3か月程度は必要になるため、すぐに改善しないと中断せずに継続することが大事です。

 

また、初期脱毛も急に抜け毛が増えるので驚きますが、副作用ではないので慌てないようにしましょう。不安に感じたときは医師に相談して問題がないのか確認した方が良いです。

 

3か月で効果が出なくても、個人差があるので治療を継続しますが、薬があっていないこともあるので遺伝子検査で確認も行うと無駄を抑えられます。早く毛を生やしたいのであれば、費用は高額ですが育毛注射を利用すると短期間で改善がみられるため、結果的に費用が安くなることもあります。

 

毛が生えてきてもそれで終わりではなく、薬は継続して使用することが大事です。自分の希望する量まで毛が生えていれば、それ以上は発毛を行わなくても良いので薬の種類や量を減らすことができ、費用を抑えることができますが、全てをやめてしまうと効果がなくなり、再び抜け毛が起きてしまうので注意しましょう。

-若ハゲ・AGAの基礎知識

Copyright© プロフェッショナル 若ハゲの流儀「AGA治療のその先に」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.