若ハゲ・AGAの基礎知識

若ハゲの8割以上はAGAが原因?

投稿日:

若ハゲに関わらずですが薄毛の原因はagaってイメージが強いですよね。

 

でも思いませんか?本当にagaが原因なのかと・・・

 

だって、もし違うんだったらagaの治療とは違う方法を探さないといけないってなりますしね。

 

ここでは、

 

・年代別のaga発症割合

・agaの他に考えられる原因

・対策法

 

について詳しく書いています。

 

年代別のAGA発症割合を見ると?

日本ではAGAと呼ばれている男性型脱毛症に悩む人が多いです。

男性型脱毛症を発症すると、頭頂部や前頭部の毛髪が徐々に細く短くなりボリュームがなくなっていきます。

男性型脱毛症は進行性の脱毛症であるため、症状に気付いたら早めに専門医に診察してもらうことが大事です。

日本皮膚科学会ガイドラインを見ると、日本人男性の発症割合がわかります。

20代では約10%30代だと20%になります。40代になると30%に上がり50代以降は40%と年齢とともに発症割合が高くなります。

こう見ると案外高くないことがわかります。

男性型脱毛症の原因は患者によって異なりますが男性ホルモンや遺伝、ストレスなどが原因で発症することが多いです。

1100本くらいの抜け毛は問題ないですが、1200本以上抜けて地肌が目立つようになった場合は脱毛症の可能性があります。

最近はAGAの専門クリニックも増え、治療法の選択肢も多くなっています。

早めに治療を始めることで早く回復することが可能です。

若ハゲのAGA以外の原因は主に3

AGA以外の若ハゲの原因は主に3つあります。

・生活習慣や食生活の乱れ

・ストレス

・他の脱毛症など

一つ目は生活習慣の乱れです。仕事が忙しくて不規則な生活をしていると頭皮の健康にも悪影響が出ます。

二つ目は、日本は先進国の中でもストレスを抱えながら仕事をしている人が多い国ですが、ストレスも抜け毛の原因となります。

三つ目は、男性型脱毛症以外の脱毛症で毛が抜ける人もいます。

脱毛症では円形型脱毛症や脂漏性脱毛症もよく知られています。

これら3つについて詳しく書いています。

1、食生活や生活習慣

食生活や生活習慣に問題がある場合は、早めに対処する必要があります。

運動不足の人は、少しでも時間を作って体を動かすようにします。体を動かすことで血液の流れがよくなり、栄養が体のすみずみまで届くようになります。

頭皮に十分な栄養が届かないと抜け毛の原因になるので、栄養バランスを考えて食事を摂取することが大切です。

仕事で帰宅時間が遅くなると睡眠不足になりやすいです。人間にとって睡眠中は1日の疲れを取り細胞を修復させる重要な時間です。髪の毛の成長と頭皮の健康には質のよい睡眠が必要不可欠なので、遅く帰宅した場合でもなるべく早く就寝することが大事です。

シャワーだけでなく湯船に入ってから眠るようにすると、体が温まり血行もよくなります。

タバコとお酒の飲み過ぎは健康によくないので、抜け毛が気になる場合はできるだけ控えるようにします。

定期的に頭皮をマッサージすると抜け毛予防になります。頭皮の健康に良い精油を使ってオイルマッサージを行うとより効果的です。

2、ストレス

抜け毛の原因で多いのがストレスです。

ストレスを感じると自律神経のバランスが乱れて血管が収縮します。

血管が収縮すると血液の流れが悪くなり、髪の毛に必要な栄養をスムーズに運べなくなります。

血行不良は体に様々な悪影響を及ぼします。

髪の毛の生育にとって重要な栄養素のひとつが亜鉛ですが、ストレスを感じると体内で亜鉛が大量に消費されます。髪の毛に必要な亜鉛が不足すると、抜け毛の原因になります。

ストレスが心身にダメージを与えると、体はストレスに対抗するために多くの栄養を消費します。

抜け毛とストレスには深い関わりがあります。

ストレスを感じやすい人は十分な栄養を摂取して、睡眠不足にならないように気をつけることが大事です。

ヨガやウォーキングなどの有酸素運動は心身をリラックスさせることができます。毎日少しでもトレーニングを行うことで健康的な心と体を作ります。

3、脂漏性脱毛症や円形脱毛症などの病気

脱毛症では脂漏性脱毛症や円形脱毛症もよく知られています。

脂漏性脱毛症は皮脂が過剰に分泌されて毛穴をふさぎ、毛根が炎症を起こすことで脱毛の症状が出ます。

合わないシャンプーを使っていたり、すすぎが足りない場合に発症することが多いです。自律神経の乱れから脂漏性脱毛症を発症する人もいます。

円形脱毛症は、男女を問わず誰にでも発症する可能性がある脱毛症です。自己免疫性疾患で円形に脱毛するのが特徴です。症状が軽い場合は自然に治癒することもありますが、再発を繰り返したりサイズが大きくなった場合は病院での適切な治療が必要になります。

円形脱毛症は発症したときに自覚症状がなく、気付くと脱毛しているケースが多いです。

重症の場合は脱毛症状が進むので早めに医師に相談した方が安心です。

円形脱毛症を発症した場合は、病院での治療に加えて心身のケアも大事になります。

十分な休息と睡眠を取り、規則正しい生活を心がけます。

食事の栄養バランスにも気を配り、できるだけ体に負担がかからないように気をつけます。

まとめ

3つ目で話した円形脱毛症のケースであれば別でですが、1や2のような原因はagaの進行を早くさせる引き金となります。

ようは

agaも他の大抵の原因も結局は同じ

ということです。

なので抜け毛が以前より気になるようになった場合はとにかく早めのaga治療を始めることが一番重要です。

-若ハゲ・AGAの基礎知識

Copyright© プロフェッショナル 若ハゲの流儀「AGA治療のその先に」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.