若ハゲに良い食べ物や成分

ビタミンB2は育毛効果がある?副作用は?多く含む食品は?

投稿日:

ビタミンBは漠然とは知っているかもしれませんが、どういった働きがあるかは知らないですよね汗

それに、ビタミンB2なんて、より細かい話になるともっとわからない方がほとんどだと思います。

 

そんなビタミンB2に育毛効果はあるのでしょうか?

また副作用はあるのでしょうか?

 

ここでは、ビタミンB2の

 

育毛効果について

副作用について

多く含む食品について

 

この3つについて詳しく書いています。

 

ビタミンB2は育毛効果がある?

ビタミンB2などのビタミンには髪の毛に必要な栄養分が含まれており、髪の毛の発毛や育毛を促進させるためのはたらきがあります。

 

まず薄毛や抜け毛の原因となるのは皮脂が分泌されることによって頭皮環境が整わずに悪化してしまうというのが一つの理由としてあるからです。

 

このような皮脂の分泌を正常にさせるためのはたらきがビタミンB2には含まれているため、そのはたらきがあることで頭皮環境が整うということになります。

またビタミンB2には毛髪を形成させるために必要な毛母細胞を活性化させるはたらきもあるため、この毛母細胞の活性化で毛髪が促進されるということです。

 

頭皮環境が整わずに悪化してしまうとふけやかゆみなども出て炎症がおこることによって毛が抜けていく抜け毛などの原因にもなるため、このようなふけやかゆみなどが出はじめたと感じた場合にもビタミンB2などのビタミンを摂取して頭皮環境を正常化させておくことが頭皮にとっては大切なことです。

 

ビタミンB2に副作用はある?

ビタミンB2は水溶性という性質があることで、熱には強いというメリットもあり、また摂取をしてもすぐに体内から体外へと排出されていきます。

 

このようにすぐに体外へ排出されるという性質や特徴を持っているということからビタミンB2を過剰摂取したとしても副作用が出るということは基本的にはありません

 

そのため過剰摂取に注意をしたり、してはいけないというものではないためとくには摂取限度というものの規定というのはありません。

実際に過剰投与を行った研究でも健康被害は起きなかったようです。

 

ただ、推奨量としては1日に女性は1.2mg程度、男性は1.6mg程度とされています。

参照:日本人の食事摂取基準(2015 年版)総論 ビタミン(水溶性ビタミン) 厚生労働省(PDF)

 

ビタミンB2は現代の日本人にとって不足していると言われているものであり、このようなビタミンB2の摂取の不足により、皮膚に炎症ができる皮膚炎の症状が出たり薄毛や抜け毛の原因となっています。

元・若ハゲ君
これ以上はとったらダメ!!というのはないけど、一応推奨されている量はあるということですね!!

 

ビタミンB2を多く含む食品は?

現代の日本人にとってビタミンB2は不足しているものの栄養分の一つとして毎日にわたって摂取することが望ましいとされています。

水に溶けやすいため、すぐに体の外へと排出されてしまうという欠点があるため補っていくことが大切です。

 

ビタミンB2が豊富に含まれている食品には豚レバーが挙げられます。

また、牛乳などの乳製品にも多く含まれているためできれば乳製品は毎日摂りたいものです。

うなぎや魚、納豆やたまごにも多く含まれています。毎日の食生活などを見直して魚類などが不足しているようであれば積極的に毎日の食事で摂りたいものです。

 

まとめ

ビタミンB2はどうやら育毛には欠かせない栄養素だということが見えてきましたね!

 

おさらい

・ビタミンB2には頭皮環境を整える働きがある

・毛母細胞を活性化させる

・取りすぎても特に問題はない

・レバーや牛乳、納豆に多く含まれる

 

ビタミンB2は牛乳や納豆、卵に多く含まれるので比較的摂りやすい栄養素ではないでしょうか?

摂りすぎても特に問題はないので積極的にとっていきたい栄養素ですね^^

 

 

-若ハゲに良い食べ物や成分

Copyright© プロフェッショナル 若ハゲの流儀「AGA治療のその先に」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.