若ハゲの辛いシチュエーション

電車で薄毛とかハゲと言われてないか心配・・・対処法とは?

更新日:

若ハゲだと色んなシチュエーションで、

「あれ、俺のこと見てハゲとか噂してる?」

「あの女子高生たち、俺の頭見て笑ってない?」

もうこんなことを考えながら頭がグルグルしてきます。

 

僕が嫌なシチュエーションとしては、電車がありましたね。

だって、混んできたら嫌でも近くにたたれますし、身長の関係で丁度自分の頭頂部が人の目線の高さになったり、

座っていて、真上から頭頂部を見下ろされる形になったり・・・

 

もはや、若ハゲの人間にとって、電車は全くリラックスできない時間だったりするんですよね。

そんな電車で薄毛やハゲを気にしてしまう人ができる対処法について書いています。

 

対処法はずばり3つあります

電車での薄毛の対処法としては、経験上

・精神論

・隠す

・治す

この3つをしていくことで、だんだん気にならなくなっていきます。

 

どれか一つでも極めれば何とかなると思いますが、どうせならここで3つの対処法をマスターしていって下さい。

 

精神論

こんなことを言うのも何ですが、

 

「意外と人は自分のことを見ていません」

 

これって良くあることですが、自分が気にしていることを意外と人は気づいてなかったなんてことがありますよね。

 

こう思えたら苦労はないのですが、僕も若ハゲが改善されてきたからということもありますが、もっと前からこう思てたらなーと今になって思います。

 

だってハゲてない時から、電車内でいちいちハゲの人をターゲットにしてずっと見てるってことありましたか??

大抵は、一瞬見てそう思ってもすぐに、「今日の授業嫌だなー」とか「帰ったら何しよかなー」とか「あの子かわいいなー」って感じで違うことに興味が移っていたと思います。

 

なので、あまりに単純なことすぎてバカにしがちですが、意外と一番即効性があって、楽になれるので、まずはこれを考えてみて下さい。

 

隠す

これはそもそも電車内で薄毛がバレないようにする方法です。

隠すっていうことは気にしている証拠なので、さっきの精神論とは矛盾してしまうのですが、どうしてもきになるっていう人はこの方法が一番即効性があります。

 

頭頂部のハゲの場合

僕がやっていたのは、とにかく角をとるってことです。それも一番前の車両の先頭とか、一番後ろの最後尾です。

 

そして、あとは壁にもたれるだけです。

 

これで後ろから頭頂部をガン見される状況を防ぐことが出来ますし、何より壁にもたれることができるのでおすすめです。

あとあまりに満員で壁側を向かないのが不自然になる時は、ドアと壁のこの隙間に体を入れて、車掌側に背中を向けます。

こうすれば、狭い隙間になかなか人は入ってきませんし、入ってきてもせいぜい一人なので、まだ被害を最小限に抑えることが出来ます。

 

生え際、前頭部の場合

頭頂部と違って隠す方法が意外と多いのが特徴です。

ただ、自分で状態をチェックできるので、電車に乗る前などに髪の毛で隠したり、状態を整えることが出来ます。

 

それに、さっきの電車で隠す場合も基本的には壁側にむいておけば前は見えないので、ある程度隠すことが出来ます。

それに、つり革を持って、若干上の広告などを見ているフリをすれば、前にいる人は座っている人だけなので、高さ的に見えない位置になります。

 

治す

正直、上の2つの方法はとりあえず電車でとれる「その場しのぎ的な方法」です。

 

なので、結局電車で薄毛やハゲが気になるっていう人が一番やった方がいいのは、自分の薄毛と向き合って、改善する努力をすることです。

 

良く、

 

「どっからがハゲですか?」

 

という質問がありますが、その質問は無意味で、答えとしては、

 

あなたが気にしている時点でハゲです

 

と僕は思っています。

 

だって、めちゃくちゃハゲてても、その人が全く気にしてなければ治す必要がない訳だし、日常生活に問題がない訳です。

でもハゲや薄毛で問題になるのはハゲていることではなく、「ハゲを気にすることで、自信をなくしたり、行動範囲を狭めてしまうこと」なのです。

 

だから、電車で薄毛やハゲと思われないか心配っていう人は今すぐ薄毛の治療を始めることをおすすめします。

 

聞かぬは一生の恥

日本のことわざで「聞かぬは一生の恥」という言葉がありますが、まさに薄毛の治療でそのことが言えます。

 

というのも、僕自身24歳頃から少しずつですが、自分で「薄くなってきたなー」とか「抜け毛が増えた?」など思ってましたが、

 

「まだ大丈夫だろう!」

「やばくなった時に治療しよう」

 

なんて先延ばしにしていました。

 

その結果、27歳頃から急に進行を始め30歳前にして自分でも、人からでも明らかにわかるぐらいハゲてきました。

 

そしてその頃から真剣に治療を始めたのですが、その時わかることは、

 

「薄毛治療は早ければ早いほど良い」

 

ということです。

 

進行していても治すことはできるのですが、治療方法が限られてくるので、

 

・お金がかかる

・治るまでに時間がかかる

・治り具合に差が出る

 

このような問題が出てくるのです。

 

なので、薄毛の治療は恥ずかしいから・・・などとズルズル思っている間に、そもそも生きていることが恥ずかしい(人にわかるぐらいハゲてくるので)なんて状態になってしまいます。

 

育毛剤?いやすぐに病院に行こう

ハゲのことに詳しくなる前は、まだ薄毛具合がひどくなければ、

 

・シャンプーを変えてみよう

・育毛剤を試してみよう

 

こんなことを考える人が多いのですが、今思うと本当バカだったなーって思います。

 

あまり悪く言えないのですが、正直今ある薄毛の人に良さそうなシャンプーとか育毛剤で髪が生えるとは思えません。

 

少なくとも僕もいくつか使ってきましたが、まず良くなったものはありませんし、意外とお金もかかります。

 

なので、今僕があの頃に戻るとしてもすぐにaga専用のクリニックに行きます。

実際、治療をして目に見えて効果があるのは、自毛植毛以外では、薬を使った治療になるaga専用のクリニックだけだと思っています。

 

クリニックは無料で見てもらえるし、意外と安い

電車で薄毛が気になる人からすれば、人によって悩みの大きさも進行具合も違うと思いますが、間違いなく、薄毛は始まっていると思います。

 

なので、進行具合を差し置いても、とりあえずはaga専用のクリニックで無料カウンセリングを見てもらうことをおすすめします。

大抵の有名どころのagaクリニックであれば、無料で現状の薄毛状態を見てもらうことが出来ます。

 

それに、意外とagaクリニックは治療にもよりますが月5,000円程度から始めることも出来るので、毎月シャンプーとか育毛剤を買うのと変わりません。

ですが、効果の差は歴然です・・・

 

いきなり病院に行くのは恐いし、家でのケアから始めよう・・・なんて生ぬるいことを言っている間にも着実とハゲは進行しますし、遅かれ早かれネットで「agaクリニック おすすめ」なんて検索するようになりますよ汗

 

まとめ

電車で薄毛やハゲと言われてないか心配という話からagaクリニックの話にまでなってしまいましたが、結局まとめると、

 

「とにかく早く治療する」

 

もうこれが一番大事だということを僕自身が身にしみて経験してきたからです。

 

ちょっと気になってきた時からネットで色々検索して見つけたサイトとか、他の人とかに「病院に行けば?」「薬飲んだ方が良い」っていうのを見てましたが、僕も散々無視してました汗

 

その結果、かなり大変な治療をすることになりましたからね・・・

 

なので、どうかこれを見ている人は少しでも参考にして頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-若ハゲの辛いシチュエーション

Copyright© プロフェッショナル 若ハゲの流儀「AGA治療のその先に」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.